アイチューザー主催 意見交換会 第1回開催報告

 

「脱炭素社会に向けた コミュニケーションのあり方」

第1回アイチューザー主催 意見交換会実施報告

 

2021年8月、アイチューザー主催にて「脱炭素社会に向 けたコミュニケーションのあり方」をテーマに意見交換 会を実施しました。参加者は、環境省 環境再生・資源循 環局参事官の川又孝太郎さん、国立環境研究所地球シ ステム領域/副領域長の江守正多さん、TheBreakthrough Company GO クリエイティブディレクターの 砥川直大さん、弊社代表取締役の藤井俊嗣。各業界でご活躍されている方々からご意見をお聞きしました。 脱炭素を国民ごとにするために、飛躍的なコミュニケ ーションのアプローチが必要であるとして各種コミュニ ケーション施策に取り組む川又さん、気候変動科学者 としてIPCCの執筆や多方面で発言し活躍されている江守さん、環境省や数々の団体とSDGsを軸にコミュニケーション戦略に関わる砥川さん、市民の行動変容につながる取り組みとして自治体と共同購入を実施しているアイチューザー。それぞれの専門家のご意見と、何を取り組まれているかをお聞きしました。(詳しい内容をご要望の場合は、アイチューザーまでご 連絡をお願い申し上げます。)

 

20210818

モニタ上部、環境省の川又さん。モニタ下部、国立環境研究所の江守さん。

 

GOクリエイティブディレクターの砥川直大さん。「脱炭素は、人間性を重視する社会に切り替えるチャンス」と自論を語る。「自分、人間、人間性を重視する。それが脱炭素への一歩です。」

 

弊社代表取締役の藤井。どの様なコミュニケーションであれば理解してもらえるのか、自分事として捉えてもらえるのか。事業の経験を通じて得た知見を、他参加者と共有した。

PDF版はこちら

この記事をシェアする:

関連記事を見る